苦しんだ唐川「自分らしくなく頑張りすぎた」

[ 2011年6月12日 17:57 ]

広島戦に先発、5勝目を挙げたロッテ・唐川

セパ交流戦 ロッテ5―2広島

(6月12日 QVCマリン)
 ロッテの唐川は制球が定まらずに苦しんだが、中盤から復調。7回2失点で約1カ月ぶりの白星を挙げた。

 「力みすぎた。自分らしくなく、頑張りすぎた」と四回までに90球を要し、7安打されて2点を失った。ただ、五回からは「気持ちをリセットした。リラックスして投げた。修正できたかな」。五~七回を完璧に抑え、チームを2連勝に導いた。5勝目にも「次はしっかりやっていきたい」と苦笑していた。

 

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月12日のニュース