城島 右肘側副じん帯損傷だった

[ 2011年6月12日 06:00 ]

鳴尾浜でリハビリを開始した城島

 阪神は11日、城島健司捕手(35)が10日に大阪市内の病院で「右肘側副じん帯損傷」と診断されたと発表した。復帰のめどは立っていない。2週間は治療に専念し、送球などは行わず、その後のリハビリなどは様子を見て判断する。

 レッドソックスの松坂が断裂した腱と同じだが、こちらは損傷ということで手術は「現段階では考えていない」とし「首脳陣の方も配慮してくれたわけですから、治さないと戦力になりません」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月12日のニュース