東大 10安打も実らず

[ 2010年4月18日 18:53 ]

 【東大3-8慶大】前日、慶大投手に無安打無得点の屈辱を味わった東大は敗戦後に実施した打撃練習の成果もあってか、一夜明けて10安打。開幕から3試合連続で零封負けを喫していたが、御手洗監督が「きのうの雪辱ということでみんな燃えていた」と語る通り、打線がつながり3点を奪った。

 しかし、4投手が計11与四死球と制球を大きく乱し、2年ぶりの白星はならず。今季から指揮を執る同監督は「まだあと3チーム(と対戦が)残っている」と初勝利を目指し、息巻いていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月18日のニュース