バット折りながら…阿部が“気合”の口火打

[ 2010年4月18日 06:00 ]

<ヤ・巨>7回無死、巨人・阿部の打球はヤクルト・宮本の後逸を誘い二塁まで進塁する

 【巨人6-1ヤクルト】巨人・阿部が大量得点の口火を切った。7回の先頭で由規の内角に食い込むスライダーを、バットを折りながら三遊間方向へ。三塁の失策もあって一気に二塁を陥れた。

 直前には内角スライダーを空振りし、打席でバットを叩きつけてへし折っていた。2本のバットを折りながら4得点につなげた阿部は「誘い球にのってしまった悔しさでバットを折ってしまった。折れたバットに謝ります」と苦笑いだった。

 ▼巨人越智(地元・松山の凱旋登板で9回を3者凡退)最高の投球ができて良かった。家族?もちろん来てました。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月18日のニュース