マーくん見殺し…9Kも121球目に力尽きる

[ 2010年4月18日 14:25 ]

9回、ピンチにマウンドで厳しい表情を見せる楽天・田中

 【楽天0―1ソフトバンク】楽天の田中が5連続を含む9三振を奪ったが味方はわずか3安打。9回、ソフトバンク・松田にサヨナラ打を浴び、力投は報われなかった。

 「今までの中で一番良い調子」と森山投手コーチも絶賛する立ち上がりだった田中。最終回無死三塁のピンチを迎え、相手のスクイズ失敗に一度は助けられたが、2死一、二塁となって松田にこの日121球目を痛打された。

 サヨナラ打となった松田の左中間への打球を見届けると、楽天の田中は腕で汗をぬぐい、悔しそうにマウンドを降りた。最後に投げた121球目はフォークボールが甘くなったという。唯一の失投かと問われ「そうです」と表情を険しくした。

 これで4試合続けて一人で投げ抜きながら2度目の完投負け。「負けが2度ともソフトバンク戦というのが、悔しい。次はやり返したい」とリベンジを誓った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月18日のニュース