手負いのラロッカ 強行出場で活躍

[ 2010年4月18日 19:17 ]

 【オリックス3-2ロッテ】右手小指に骨折を負うオリックスのラロッカが、主軸の存在感を発揮した。六回2死一、三塁から先制の左前打を放つと、1―1となった八回には勝ち越しの5号ソロを左翼ポール際へ運んだ。

 患部に保護用の器具を付けての強行出場が続くが、17日からは三塁の守備にも復帰している。「実はまだ痛いけど、今はタイトな試合が続いている。とにかく何とかしようと思った」と頼もしい限りだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2010年4月18日のニュース