阪神 金本スタメン外れる フルイニング出場止まる

[ 2010年4月18日 13:06 ]

17日の横浜戦の8回2死二塁、石川の左前打をホームに返球しようとした金本だが悪送球で生還を許した

06年4月6日 金本知憲、世界記録!責任感の904試合連続フル出場

08年4月12日 アニキが弟に「キモイ」!?球界初の1球団同日メモリアル安打

91年11月22日 ドラフト4位大当たり!阪神のあの2人はハズレだった

 阪神の金本知憲外野手(42)は18日、横浜5回戦(横浜)の先発メンバーから外れ、連続フルイニング出場が1492試合で途切れた。
 17日の横浜戦では右肩の痛みからまともに返球できず、二塁走者を2度生還させてしまい、打撃も4打数無安打で打率1割6分7厘で規定打席に達している33人中最下位の成績。
 阪神はこの日、金本に代わって新井が4番、左翼には葛城を起用した。
 「鉄人」の異名を持つ金本選手は広島時代の1999年7月21日の阪神戦から1試合も休まずに試合開始から終了まで出場。2004年に701試合連続フルイニング出場のプロ野球記録をマーク。06年には904試合にまで伸ばし、米大リーグ記録とされるカル・リプケン氏(元オリオールズ)の記録を更新した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年4月18日のニュース