6四球もへっちゃらさ!ドラフト外右腕 ノーヒットノーラン!

[ 2010年4月18日 11:00 ]

ブレーブス戦でノーヒットノーランを達成したロッキーズのヒメネス

 ロッキーズの右腕ウバルド・ヒメネス投手が17日、アトランタでのブレーブス戦でノーヒットノーランを達成した。昨年7月のマーク・バーリー(ホワイトソックス)の完全試合以来の快挙で、ロッキーズの投手では初めて。ヒメネスは今季負けなしの3連勝

 川上憲伸と投げ合ったヒメネスは128球、奪三振7与四球6、内野ゴロ7、飛球11の内容。5回まで毎回四球を出し、制球に苦しんだが、3回2死一、二塁のピンチで二塁走者をけん制で刺し、窮地を脱すると、6回以降は課題だった150キロ台のストレートの球速も落ちず、走者を許さなかった。
 26歳のヒメネスは01年にドラフト外でロッキーズ入り。07年にメジャー初勝利を挙げると、4勝、12勝、15勝と年々勝ち星を増やしている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2010年4月18日のニュース