羽生結弦ら来年3月の世界選手権代表に

[ 2021年12月26日 23:42 ]

フィギュアスケート全日本選手権最終日 ( 2021年12月26日    さいたまスーパーアリーナ )

<全日本フィギュア最終日>男子フリー、表彰式でウインクする羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 全競技終了後に22年の国際大会の代表が発表され、北京五輪男子代表の羽生結弦(ANA)は22年3月23日開幕の世界選手権(フランス・モンペリエ)の代表にも名を連ねた。

 世界選手権は他に男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)、鍵山優真(オリエンタルバイオ・星槎)、女子は坂本花織(シスメックス)、樋口新葉(明大)、河辺愛菜(木下アカデミー)、アイスダンスの村元哉中・高橋大輔(関大KFSC)組が代表に。ペアの三浦璃来・木原龍一(木下グループ)組は全日本前に内定していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月26日のニュース