×

洛南 留学生不在チームでの高校記録も2位 7区柴田「優勝で終えたかった」「来年こそは先頭で」

[ 2021年12月26日 15:21 ]

第72回全国高校男子駅伝 ( 2021年12月26日    京都市・たけびしスタジアム京都発着 42.195キロ )

<男子第72回全国高等学校駅伝競走大会> 2位でゴールした洛南・柴田 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第72回大会の男子(7区間、42.195キロ)は、世羅(広島)が2時間1分21秒で2年連続11度目の優勝。史上最多優勝回数をさらに更新した。2位には洛南(京都)が2時間1分59秒で、3位には仙台育英(宮城)が2時間2分59秒で入った。

 洛南は2区で前田が2位となり、3区では佐藤が区間4位ながらも同区の日本人過去最高記録の快走、4区では宮本が区間賞の走りで一時トップに立ったものの、再び世羅にトップを奪い返されると、その後はトップを捉えることはできなかった。

 初優勝はならなかったが、日本選手のみでの高校最高記録を更新。最終7区の柴田は「悔しいです。先輩たちがつないでくれたので、優勝で終えたかった」と唇をかんだ。「それでも2時間1分台を達成できたことは良かった。自分はまだ2年生なので、来年こそは先頭でフィニッシュしたい」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月26日のニュース