×

桐生 巻き返しへ課題「自信を持ってフィールドに立てるよう体づくりしたい」

[ 2021年12月26日 05:30 ]

小学生らとイベントに参加した陸上男子の桐生祥秀(中央)
Photo By 共同

 陸上男子100メートルの元日本記録保持者、桐生祥秀(日本生命)が25日、山梨県鳴沢村で50メートル競走などイベントを行い「ケガなく自信を持ってフィールドに立てるよう体づくりしたい」と、故障回避を来年の最優先課題に挙げた。

 今年はアキレス腱痛などの影響で万全ではなく、東京五輪は個人種目での代表入りを逃した。来年夏には米国で世界選手権が予定されており「世界陸上や日本選手権に向けて頑張りたい」と巻き返しへ意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月26日のニュース