×

仙台育英 3区で順位下げるも追い上げ3位フィニッシュ 7区佐藤「攻めのレースができました」

[ 2021年12月26日 15:51 ]

第72回全国高校男子駅伝 ( 2021年12月26日    京都市・たけびしスタジアム京都発着 42.195キロ )

<男子第72回全国高等学校駅伝競走大会> 3位でゴールした仙台育英・佐藤 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 全国高校駅伝は26日、京都市のたけびしスタジアム京都発着のコースで行われ、第72回大会の男子(7区間、42.195キロ)は、世羅(広島)が2時間1分21秒で2年連続11度目の優勝。大会歴代総合2位となる好タイムで、自らが持つ史上最多優勝回数をさらに更新した。2位には洛南(京都)が2時間1分59秒で、3位には仙台育英(宮城)が2時間2分59秒で入った。

 一昨年優勝、昨年2位の仙台育英は3区で10位と順位を下げたものの、そこから追い上げ3位に入った。最終7区の佐藤は4位でタスキを受け、3位に。「7区に渡る前の時点で優勝が厳しい状況だったため、監督からは3位を狙って行こうという話を受けた。初めから突っ込んで、攻めのレースができました。自分は長い距離が得意。来年新チームでは主要区間を担当したい」と早くも視線は来年へと向けていた。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月26日のニュース