×

小松原組がアイスダンスの五輪代表に 美里は1枠争った“かなだい”に敬意

[ 2021年12月26日 23:05 ]

フィギュアスケート全日本選手権最終日 ( 2021年12月26日    さいたまスーパーアリーナ )

<全日本フィギュア第3日>アイスダンス・フリー、演技をする小松原美里、小松原尊組(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 全競技終了後に22年北京五輪代表が発表され、アイスダンスは小松原美里・小松原尊(倉敷FSC)組が、初の五輪切符をつかんだ。

 北京の出場枠は1で、村元哉中・高橋大輔(関大KFSC)組との一騎打ち。日本スケート連盟の選考基準は4項目あり、全日本選手権を終えて2項目ずつ分け合う難しい選考になったが、全日本で4連覇を達成した夫婦カップルが夢舞台へ駒を進めた。

 前日(25日)のフリーダンス(FD)を演じた後、美里は「自分たちがするべきことは、スケーターとしてやった」とし、尊は「大きな心でお待ちしております」と話していた。

 村元・高橋組の“かなだい”の存在を常に意識。FD後、美里は「練習の時に『ここで終わっていいのかな?いや、頑張らないと』と起爆剤になった。感謝している」とライバルへの敬意を口にしていた。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年12月26日のニュース