坂本Vで五輪決めた!「これ以上ないうれしさ。スカッとしています」歓喜の涙

[ 2021年12月26日 05:30 ]

フィギュアスケート 全日本選手権第3日 ( 2021年12月25日    埼玉・さいたまスーパーアリーナ )

女子フリー、演技を終えガッツポーズをする坂本花織(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 得点を見た瞬間、坂本花織(21=シスメックス)が歓喜の涙を流した。冒頭のダブルアクセル(2回転半)を決めて流れに乗ると、7本のジャンプ全て着氷。フリー150点超え、計230点超えで頂点に立ち「これ以上ないうれしさを感じていて、今も幸せでいっぱい。(五輪の)一発内定を有言実行できて、心がスカッとしています」と充実感に浸った。

 今年4月の国別対抗戦後には「SPにトリプルアクセル、フリーに4回転を入れられるように練習を積んでいきたい」と話していたが、思うように習得できず、夏に決心した。「今までのように自分のできることをやるべきだな、と」。トライしてきた大技を封印して臨んだシーズン。高めてきた安定感と完成度で、2度目となる五輪にも挑む。

 ◇坂本 花織(さかもと・かおり)2000年(平12)4月9日生まれ、兵庫県出身の21歳。16年に全日本ジュニア選手権で初優勝。17年に全日本選手権で2位に入り、18年に平昌冬季五輪6位。同年に四大陸選手権、全日本を初制覇。NHK杯は2連覇中。兵庫・神戸野田高―神戸学院大、シスメックス。1メートル59。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月26日のニュース