17歳・河辺 3位で五輪見えた!クリスマスに“奇跡”トリプルアクセル成功

[ 2021年12月26日 05:30 ]

フィギュアスケート 全日本選手権第3日 ( 2021年12月25日    埼玉・さいたまスーパーアリーナ )

女子フリー、演技を終え笑顔の河辺愛菜(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 17歳の河辺愛菜(木下アカデミー)がクリスマスに“奇跡”を起こした。冒頭でトリプルアクセルに挑み、見事に成功。出来栄え(GOE)で1・94点の加点を引き出して好スタートを切ると、最後までミスなく演じ切り3位に入った。「自分の中で100点のアクセルが跳べた」。フリー曲「ミラクル」で高得点を叩き出し「予想よりも高くて、10点間違っているんじゃないかと思った」と笑顔で振り返った。

 浜田美栄コーチの指導を受けるため、3年前に生まれ育った愛知を離れて関西へ転居。「練習の内容や回数が増えた」というように、より厳しい環境でレベルアップを図ってきた。「自分はまだまだ五輪に出られるレベルに達していない」と初々しく話したが、選考レースで確かなインパクトを残した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年12月26日のニュース