×

渋野日向子は強風に苦戦しバーディーなしの75「あそこまで風が吹くと手に負えない」伊藤園レディース

[ 2021年11月12日 17:00 ]

伊藤園レディース第1日 ( 2021年11月12日    千葉県 グレートアイランド倶楽部=6741ヤード、パー72 )

<伊藤園レディース・初日>8番、ティーショットを放つ渋野日向子(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 渋野日向子(22=サントリー)はバーディーなし、3ボギーの3オーバー75で回り32位だった。

 瞬間最大風速16・8メートル。1日中吹き荒れた強風に苦しんだ。2番パー3では「飛んでいくから」とキャップを取ってショットを放つほどだった。渋野は「あそこまで風が吹くと、手に負えないなと思った」と苦笑を浮かべた。

 4番でアプローチを1・2メートルに寄せたもののパーパットを外してボギー。序盤でつまずいた。12番パー3でバンカーに打ち込み、寄せきれずボギー。13番パー5では3打目がグリーン手前からのアプローチがピンを1・5メートルオーバーして連続ボギー。バーディーなしの75とスコアを落とし「アゲンストの風の読みが甘かったり、パットが入らなかったり、これだけスコアを落として悔しい」と少しだけ表情を歪めた。

 前日は腹痛のため大事を取って練習を取りやめて、休養に専念した。「もう良くなったので大丈夫です」とプレーには影響しなかったと強調した。

 15日が23歳の誕生日。今大会が22歳で出場する最後の試合となる。「22歳最後の試合はいい締め方をできるようにしたい」。22歳の1年間を振り返り「いろいろ挑戦した1年ではあった」としみじみ語った。

 首位とは7打差がついた。第2日に向けて「1つもバーディーが取れなかったので、明日は1個でも取れるように頑張りたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月12日のニュース