×

小松原組は自己新68・13点で7位発進、美里「喜んでいるよりは悔しい」

[ 2021年11月12日 15:51 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯第1日 ( 2021年11月12日    東京・国立代々木競技場 )

<フィギュアNHK杯第1日>アイスダンスRD、演技をする小松原美里、小松原尊組(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 アイスダンスのリズムダンス(RD)で小松原美里・小松原尊組(倉敷FSC)は自己ベストの68・13点をマークして7位発進となった。

 美里は「パーソナルベストを出せたのは良かった」とする一方で、ステップでレベル1があったことから「喜んでいるよりは悔しい思いがある」と振り返った。

 13日のフリーダンスでは「SAYURI」を舞う。美里が「『SAYURI』は競技人生のハイライトになるのではないかという作品」と言えば、尊は「和の感じを自分たちで伝えたい」と力を込めていた。
 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月12日のニュース