×

キャスコからピッチ&ランを極める新ウエッジが発売

[ 2021年11月12日 05:30 ]

9日に発売した「ドルフィンピッチ&ランウェッジDPW―119」
Photo By 提供写真

 キャスコは人気のドルフィンウェッジシリーズから「ドルフィンピッチ&ランウェッジDPW―119」(税込み1万9800円)を9日に発売した。

 同シリーズは「20ヤード以内をワンピン寄せ!」をコンセプトに、アイアンの流れをそのままにパター感覚で打てる簡単ウエッジ。転がしに特化したDRW―119、ピッチショットに特化したDFW―119に加え、今回発売のDPW―119はピッチ&ランを極めるクラブ。キャリーとランの比率が1:2となるロフト角48度を採用し、フワリと浮かせて、コロッと転がして、ピタッと寄せることができる。

 ソールは自然と抜ける独特な形状。幅広のヒールフィンはクラブを自然とスイング方向に導く。ストロークスイング時に接地するセンターは不要な抵抗をカットするためスリムに。トー側はスイートエリアを拡大させるため幅広となっている。また、リーディングエッジは厚くて丸いため芝に刺さりにくい。この4つのポイントにより、ザックリミスを恐れずにアプローチできる。

 クラブが重いためヘッドがブレにくく、太いグリップによりフェースの向きも変わりにくい。女性やシニアでスチールシャフトだと重たいと感じるゴルファーのために、カーボンシャフト仕様(税込み2万4200円)も追加されている。

 発売を記念してクラブレンタルキャンペーンを実施中。同社のクラブをレンタルするとボール「キャスコエース(3球)」をプレゼント。詳細、申し込みは「この記事のフォト」掲載のQRコードから。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年11月12日のニュース