小池 3組2位で決勝へ「内側気にせず集中できれば良い結果出る」

[ 2021年6月25日 05:30 ]

陸上・日本選手権兼東京五輪代表選考会第1日 ( 2021年6月24日    大阪市・ヤンマースタジアム長居 )

男子100メートル準決勝、桐生祥秀(右)に先着を許すも、3組2着で決勝進出を決めた小池祐貴(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子100メートル準決勝を3組2位で決勝に進出した小池は「改善点を残しながら走った。決勝ではもっと良くなる」と前向きに語った。今季は体重を5キロ絞るなど、試行錯誤してきたことが、ここにきてかみ合い始めてきた。

 決勝でのポイントには周囲を気にしないことを挙げ「内側がどんなレースをしても気にせず、集中できれば良い結果が出ると思う」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月25日のニュース