サニブラウンは出場3回中2回優勝 男子100M有力選手の日本選手権データ

[ 2021年6月25日 11:34 ]

サニブラウン
Photo By スポニチ

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の第105回日本選手権第2日が25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われる。代表枠「3」を巡るハイレベルな争いが予想される男子100メートル決勝は、午後8時30分号砲。注目選手の過去の今大会成績は以下の通り。

 【山県亮太】
11年4位(10秒52)
12年3位(10秒34)=ロンドン五輪代表
13年優勝(10秒11)
14年2位(10秒27)
15年準決勝棄権
16年2位(10秒17)=リオデジャネイロ五輪代表
17年6位(10秒39)
18年優勝(10秒05)
19年出場なし
20年出場なし

 【サニブラウン・ハキーム】
15年2位(10秒40)
16年出場なし
17年優勝(10秒05)
18年出場なし
19年優勝(10秒02)
20年出場なし

 【桐生祥秀】
13年2位(10秒25)
14年優勝(10秒22)
15年出場なし
16年3位(10秒31)=リオデジャネイロ五輪代表
17年4位(10秒26)
18年3位(10秒16)
19年2位(10秒16)
20年優勝(10秒27)

 【小池祐貴】
14年準決勝敗退
15年出場なし
16年出場なし
17年出場なし
18年4位(10秒17)
19年3位(10秒19)
20年3位(10秒30)

 【多田修平】
16年準決勝敗退
17年2位(10秒16)
18年5位(10秒22)
19年5位(10秒29)
20年5位(10秒34)
 
 サニブラウンは過去3回の出場で、優勝2回、2位1回という高い安定感を見せている。24日の準決勝をタイム順でヒヤヒヤ突破したが、決勝で目覚めるか。

 5人はいずれも東京五輪参加標準記録10秒05を突破しているため、3位以内で代表に決まる。

 男子100メートル決勝のレーンは以下の通り。
2 東田旺洋
3 サニブラウン・ハキーム
4 山県亮太
5 桐生祥秀
6 多田修平
7 デーデー・ブルーノ
8 小池祐貴
9 栁田 大輝

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月25日のニュース