笹生優花は1オーバー発進、畑岡奈紗は3オーバーと出遅れ 全米女子プロ選手権第1日

[ 2021年6月25日 06:09 ]

米女子ゴルフツアー 全米女子プロ選手権第1日 ( 2021年6月24日    ジョージア州 アトランタ・アスレチック・クラブ=6740ヤード、パー72 )

笹生優花
Photo By スポニチ

 メジャー今季第3戦が開幕。3週前の全米女子オープンを初制覇し、メジャー2連勝を目指す笹生優花(20=ICTSI)は4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの73でホールアウトした。「スコアを見たら分かると思いますけど、トータル的に良くなかったので練習します。風を読むのが難しく、もう少し慣れないと。練習して明日もっといいゴルフができるように頑張りたいと思います」と振り返った。

 メジャー初優勝を狙う畑岡奈紗(22=アビームコンサルティング)は3バーディー、6ボギーの75と出遅れ。1番から出ると2番から3連続バーディーを先行させたが、9番以降で6ボギーと後半で失速した。「前半は距離感も凄く合っていてチャンスにつけられたと思います。午後から特に距離感も合わなくなって、チャンスも少なくなってしまったと思いますね。明日は風の読みとかも気をつけてやっていかないといかないなと思います」と悔しさをにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年6月25日のニュース