早大FB河瀬、2代で頂点「凄くうれしい」父は明大で日本一

[ 2020年1月12日 05:30 ]

ラグビー全国大学選手権   早大45―35明大 ( 2020年1月11日    国立競技場 )

ラグビー大学選手権・決勝<早大・明大>優勝し、抱き合って喜ぶ斎藤主将(中央)ら早大フィフティーン(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 後半にTMO判定によりトライを取り消された早大FB河瀬だが、持ち味のボールキャリーで勝利に貢献。「凄くうれしい。ディフェンスも得点力も昨年よりも上がった」と振り返った。

 元日本代表の父・泰治氏は明大で大学日本一を経験。父とは別の道を歩むが、1年からレギュラーに定着し、相良とともに2代続けて頂点に立った。残りの2年間はリーダー格として期待されており、「この優勝は4年生が積み上げたもの。次は来年」と先を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース