大坂なおみ 死闘も準決勝で散る…決め手欠き逆転負け「落ち着いてプレーできなかった」

[ 2020年1月12日 05:30 ]

女子テニス ブリスベン国際シングルス準決勝 ( 2020年1月11日    オーストラリア・ブリスベン )

シングルス準決勝でカロリナ・プリスコバに敗れた大坂なおみ
Photo By 共同

 シングルス準決勝で世界ランキング4位の大坂なおみ(22=日清食品)は、昨年覇者で世界2位のカロリナ・プリスコバ(27=チェコ)に7―6、6―7、2―6で敗れた。第2セットでマッチポイントを握りながら勝負を決められずに逆転負け。次戦は2連覇の懸かる4大大会第1戦の全豪オープン(20日開幕・メルボルン)となる。

 互いになかなかサービスゲームを譲らない白熱した攻防で、力尽きたのは大坂だった。2時間48分の激闘で屈し「(1度あった)マッチポイントで戦い方にミスがあった。落ち着いてプレーできなかった」と悔やんだ。

 第2セット第11ゲームでブレークに成功し、サービスゲームで迎えたマッチポイント。強気だったプレーが消極的になりショットがネットにかかった。「(ラリーの)ペースを変えた方がいいと思ったが、もっと強く打つべきだった」。もつれ込んだタイブレークは相手の強烈なリターンを浴びて落とし、流れを手放した。

 それでも、今季開幕戦からベスト4。連覇を狙う全豪へまずまずのステップを踏んだ。昨季最終戦で痛めた右肩の不安も払しょくし「あと1週間でもっと状態を上げて臨みたい」と20日開幕の本番を意識した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース