ヤマハが白星スタート “スターぞろい”トヨタ自動車2点差勝利

[ 2020年1月12日 14:50 ]

ラグビートップリーグ2020第1節   ヤマハ発動機31―29トヨタ自動車 ( 2020年1月12日    ヤマハスタジアム=観衆1万3985人 )

 昨季3、4位の東海ダービーは、地元のヤマハ発動機がW杯日本大会のスターをそろえたトヨタ自動車を2点差で破り、白星スタートを切った。

 ヤマハがセットプレーで優位に立った。前半11分、ゴール前スクラムを押して反則を誘うペナルティートライで先制(7―0)。7―5の15分には右ゴール前ラインアウトからモールを押し込んでフッカー日野がトライを挙げ(12―5)、12―19と逆転された34分にも左中間ゴール前スクラムでプレッシャーをかけ、SH矢富勇が右中間へ飛び込んで19―19で前半を折り返した。

 トヨタ自動車はW杯で優勝した南アフリカ代表のFBルルーがパスにキックにとキレキレ。まずは0―5の前半12分、左展開でWTBヘンリーからパスを受け左隅へトライ(7―5)。20分には左中間ゴール前ラックから左への飛ばしパスでヘンリーのトライをアシストした(12―12)。26分には右インゴールへ絶妙なショートパントを蹴り、相手WTBトゥイプロトゥの故意の反則によりペナルティートライ(19―12)。W杯日本代表のフランカー姫野は25分、ダブルタックルで倒れた相手FB五郎丸に得意のジャッカルがさく裂。ノットリリース・ザ・ボールの反則を引き出した。

 後半、先手を取ったのはトヨタ自動車。FW第1列2人を代えて自陣のスクラムで踏ん張ると、W杯ニュージーランド代表主将のNo・8リード―日本代表SH茂野―SOクロニエ―WTB高橋汰と右展開し、リターンパスを受けてクロニエが右中間へ勝ち越しトライ(24―19)。だが、ヤマハ発動機は23分、ゴール正面のラックから矢富勇が抜け出してポスト下へ同点トライを決め、五郎丸のゴールで26―24と逆転した。トヨタ自動車は29分、途中出場のプロップ浅岡がシンビン(10分間退場)となり、1人少ない状態に。一度はベンチに下がった日本代表プロップ木津を自陣ゴール前スクラムで戻したが、ヤマハ発動機はゴール前ラックから南アフリカ代表のフランカー、スミスが左中間へトライ(31―24)。トヨタ自動車は37分にWTBヘンリーが左中間へトライを決めて31―29としたものの、途中出場のSOシンクレアがゴールキックを外して同点にはできなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース