松山「すぐに修正」67でぎりぎり予選通過 決勝に向け「あとはパット」

[ 2020年1月12日 05:30 ]

第2ラウンド、17番でティーショットを放つ松山英樹
Photo By 共同

 米男子ゴルフのソニー・オープンは10日、ハワイ州ホノルルのワイアラエCC(7044ヤード、パー70)で第1ラウンド(R)の残りと第2Rが行われた。

 第2ラウンドで3バーディー、ボギーなしの67と伸ばし、カットラインぎりぎりで予選を通過した松山は「昨日悪かったところを今日すぐに修正できたのは良かった」と前向きに結果を捉えた。時折秒速18メートルの突風が吹く中でもパーオン率88・89%とショットが安定。ボギーなしのラウンドにつながった。「ショットはだいぶ良くなってきているし、あとはパットがどうかなって感じ」。決勝に向けてはグリーン上を課題に挙げ、上位進出をにらんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース