ホンダ・具智元 日本国籍取得後初の公式戦で勝利に貢献「W杯ぐらい緊張した」

[ 2020年1月12日 23:24 ]

ラグビーW杯で日本代表として活躍したPR具智元
Photo By スポニチ

 ラグビートップリーグ第1節のホンダ対リコー戦が12日、東大阪市の花園ラグビー場で行われ、ホンダの日本代表プロップ具智元(25)が日本国籍取得後、初の公式戦で勝利に貢献した。スクラムの第一列で汗を流すだけではなく、前半22分にはトライ。「W杯ぐらい緊張した」という開幕戦を28―5で制して、柔和な顔をさらにほころばせた。

 具は中学時代に大分県に留学し、大分・日本文理大付高、拓大に進学。W杯では5試合に出場した。W杯後の昨年12月13日付けの官報で日本国籍取得が告示された。この日、「次のW杯は日本代表として目指したかったし、ラグビーに集中したかった。次は日本人として出たいと思っている」と23年フランス大会での希望も口にした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース