新関脇・朝乃山 初場所に意気込み「挑戦者の気持ちで取るだけ」

[ 2020年1月12日 05:30 ]

土俵祭の開始を待つ朝乃山
Photo By スポニチ

 大相撲初場所は12日、両国国技館で初日を迎える。

 新関脇・朝乃山は「15日間、自分の相撲を取り切る」と意気込んだ。昨年九州場所は新小結で優勝を争って11勝4敗。今場所は成績次第で大関昇進の機運が高まりそう。「先場所と一緒で挑戦者の気持ちで取るだけ。気持ちに余裕はないけど、楽しんで取りたい」。平幕上位、小結だった過去3場所とは違い、中盤以降に横綱・大関の上位陣と対戦するだけに好スタートを決めたい。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース