山下泰裕氏 IOC新委員に選出 柔道界からは嘉納治五郎以来約1世紀ぶり

[ 2020年1月12日 05:30 ]

国際オリンピック委員会の新委員に就任した山下泰裕さん
Photo By 共同

 国際オリンピック委員会(IOC)は10日、スイスのローザンヌで総会を開き、柔道の84年ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリストで日本オリンピック委員会(JOC)会長の山下泰裕氏(62)を新委員に選んだ。現職の日本人は国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長と合わせて2人となり、7月24日に開幕する東京五輪の開催国としてIOCとのパイプ強化を図る。

 五輪開催都市など重要事項を決める投票権を持つIOC委員の任期は8年で、日本から通算15人目の就任。総会での投票の結果、賛成74、反対1(棄権3)で信任された山下氏は「私への評価でなく、日本の信頼感に対する評価だと思う。責任の重さを感じている。覚悟を持って役目を果たす」と語った。

 柔道界からは、日本人初のIOC委員で大日本体育協会(現日本スポーツ協会)を創設した嘉納治五郎以来約1世紀ぶり。上限115人の委員は101人となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月12日のニュース