佐藤駿 日本男子4人目V 4回転ルッツ成功でジュニア世界新「正直ビックリ」

[ 2019年12月8日 01:12 ]

フィギュアスケートGPシリーズ最終日 ( 2019年12月7日    イタリア・トリノ )

男子フリー、演技を終えこぶしを突き上げる佐藤駿(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 同時開催のジュニアGPファイナルファイナルの男子フリーが行われ、SP3位の佐藤駿(15=埼玉栄高)が全体トップの177・86点をマーク。合計255・11点で逆転優勝を飾った。フリー、合計ともジュニアの世界最高記録を更新し、日本男子シングル4人目の快挙となった。SP6位の鍵山優真(16=星槎国際高横浜)はフリー155・90点で3位、合計は227・09点で4位だった。

 佐藤は冒頭の大技4回転ルッツを決めると、続く4回転―3回転の連続トーループ、4回転トーループに成功。11年の東日本大震災まで羽生結弦(ANA)らが育ったアイスリンク仙台で腕を磨いた若武者が、大先輩の14年ソチ五輪金メダルプログラム「ロミオとジュリエット」でトップスケーターへの登竜門を制した。

 「正直ビックリしている」。実感を込めた佐藤は「4回転ルッツは降りたけど、他の4回転もこれから練習していこうと思っている」と強調。今月には全日本選手権(代々木)が控えており「ここで終わりじゃない。気を引き締めてノーミスできるように頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月7日のニュース