Bリーグ宇都宮 2メートル6センターのライアン・ロシターが日本国籍取得

[ 2019年12月7日 05:30 ]

Bリーグ宇都宮のライアン・ロシター
Photo By 共同

 Bリーグ宇都宮のライアン・ロシター(30)が日本国籍を取得したことが6日付の官報で告示された。東京五輪に向け、日本代表でのプレーも可能となる。米国出身で来日7年目。身長2メートル6でセンターを主戦場とし、機動力も備える。Bリーグ初年度の16~17年シーズンにはリバウンド王に輝き優勝に貢献。

 クラブを通じ「日本でチームメートやファンとともに過ごせることをうれしく思います。引き続き日々の努力を続けます」とコメントした。日本代表は今夏のW杯で5戦全敗。国際バスケットボール連盟は満16歳以降に国籍を変えた選手の代表チーム登録を1人以内と規定しており、ファジーカス(川崎)とメンバーを争うことになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月7日のニュース