地元凱旋の渋野「結局、岡山が一番キヨキヨです」 パトカー乗って「ちょっと捕まった気分」

[ 2019年12月7日 05:30 ]

ゆるキャラ「笑味ちゃん」のご飯とお箸を手に笑顔の渋野(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ゴルフの海外メジャー、AIG全英女子オープンを制するなど今年一気に世界に羽ばたいた渋野日向子(21=RSK山陽放送)が6日、地元・岡山市に凱旋した。岡山東警察署の一日警察署長を務めたのを皮切りに、岡山市人見絹枝スポーツ顕彰表彰式、JAグループ岡山の岡山米贈呈式、岡山県スポーツ特別顕賞授与式と4つの行事の“主役”を駆け足で務めた。

 【渋野に聞く】
 ――お帰りなさい。
 「帰りました。アハハ」

 ――市民の方からはどんな声を掛けられてどんなふうに思いましたか?
 「おめでとうだったり、笑顔がいいとか、可愛いとか言っていただいて、何か凄い照れました。アハハ」

 ―― 一日警察署長でパトカーに乗った感想は?
 「中は普通の車だったんですけど、ちょっと捕まった気分になりました。ハハハ。でも前に乗るってなかなか、ないですし、ちょっと新鮮でした」

 ――地元・岡山への恩返しができた。
 「去年、豪雨災害があってホントに大変な思いをされた方がたくさんいらっしゃったんですけど、ゴルフで笑顔にできたらなって思ったので。今年一年の結果で、たくさんの人が笑顔になってくれたんじゃないのかなって思うので、頑張って良かったなって思います」

 ――地元が大好きな渋野さんですけど、岡山は一番清々(きよきよ)しい場所じゃないですか?
 「いろんなところに行ってキヨキヨしましたけど、結局、岡山が一番キヨキヨです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月7日のニュース