トルソワ3回転半転倒し5位 “先輩”の真価は鬼構成のフリーで

[ 2019年12月7日 06:55 ]

フィギュアスケート・GPファイナル第2日 ( 2019年12月6日    イタリア・トリノ )

<GPファイナル女子SP>果敢に3Aに挑戦も転倒、得点を伸ばせなかったトルソワ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 女子ショートプログラム(SP)で、アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)は71・45点で5位発進となった。

 冒頭、試合で初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑戦。転倒して回転不足となり、「緊張していたし、どうやって正確に跳ぶかを考えていた」と振り返ったが、「どこかで新しいことをしないといけない。だからここで挑戦した。五輪シーズンにするよりはいい」と話した。

 首位のコストルナヤとは14点の大差だが、トルソワは7日のフリーでルッツ、フリップ、サルコー、トーループ×2の4回転4種5本に挑む可能性が高い。ネット上で“先輩”と呼ばれる15歳が、鬼構成で大逆転を狙う。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月7日のニュース