ユース五輪に鍵山、河辺、吉田&西山組が出場決定 全日本選手権の推薦選手も決まる

[ 2019年11月17日 22:12 ]

河辺愛菜(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 日本スケート連盟は17日、20年1月9日から22日にスイス・ローザンヌで開催される第3回ユース五輪のフィギュアスケート日本代表推薦選手を発表した。男子は鍵山優真(星槎国際高横浜)、女子は河辺愛菜(関大KFSC)、アイスダンスは吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(目黒日大高)組が出場する。補欠は男子の佐藤駿(埼玉栄高)、女子の松生理乃(グランプリ東海ク)となった。

 また、フィギュア委員会において12月19日開幕の全日本選手権(代々木第一体育館)への推薦選手を決定。全日本ジュニア選手権の上位である男女6選手ずつが選出。女子は河辺、川畑和愛(N高東京)、吉田陽菜(名東FSC)、吉岡詩果(植草学園大付属高)、千葉百音(仙台FSC)、浦松千聖(中京大中京高)。男子は鍵山、佐藤、本田ルーカス剛史(綾羽高)、壷井達也(中京大中京高)、吉岡希(アクアピアスケーティングC)、木科雄登(金光学園)。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース