三役の貫録 朝乃山、隠岐の海寄り切り2敗キープ「相手の逃げる方に寄れた」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

大相撲九州場所7日目 ( 2019年11月16日    福岡国際センター )

朝乃山(左)は、よりきりで隠岐の海を破る(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 新小結の朝乃山が隠岐の海を寄り切って2敗をキープした。立ち合いで左上手を引き、隠岐の海に2度寄りを残されたが終始危なげない内容。「寄るときに投げを呼び込んだのは良くない」と反省しつつも、「相手の逃げる方に寄れた」と満足げ。

 三役の地位にも慣れてきたそうで、「前頭上位と変わらない。言い方、呼び方が違うだけ」と重圧なく土俵に臨めているという。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月17日のニュース