正岡竜二、5位後退も耐えたV圏3差 悲願プロ初Vへ「目標は変わらない」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

男子ゴルフツアー三井住友VISA太平洋マスターズ第3日 ( 2019年11月16日    静岡県 太平洋C御殿場C=7262ヤード、パー70 )

5番、ティーショットを放つ正岡竜二(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 首位タイから出た正岡は71とスコアを落として5位に後退。それでも、後半に1アンダー34と盛り返して「耐えました。(前半に)ダボがあったので大変でしたけど、まだ3打差なので」と前向きに捉えた。

 プロ14年目の36歳。悲願のプロ初優勝はもちろん、現在賞金ランク51位とシード獲得に向けても正念場を迎えている。「優勝の目標は変わらず、シードも確定させたいです」と最終日をにらんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月17日のニュース