女子ソフトボール決勝T トヨタ自動車、アギュラーが先制適時打

[ 2019年11月17日 05:30 ]

タイブレークの8回1死二塁、トヨタ自動車・アギュラーが中堅に適時安打を放ち勝ち越す(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 「第52回日本女子ソフトボール1部リーグ」決勝トーナメント(スポーツニッポン新聞社後援)は横浜スタジアムで決勝トーナメント(T)2試合を行った。ホンダ(リーグ戦2位)が3―1でビックカメラ高崎(同1位)を撃破し、初の決勝戦進出を決めた。1―1の6回に5番・佐野由貴美外野手(29)の2点二塁内野安打で勝ち越し、振り切った。ビックカメラ高崎は、17日に豊田自動織機(同3位)を破ったトヨタ自動車(同4位)と対戦、勝者がホンダと優勝を争う。

 昨年の女王が連覇に望みをつないだ。トヨタ自動車はタイブレーカー8回の1死二塁で2番・アギュラーが中前に均衡を破る先制適時打。「石川のためにも何とか点を取りたい」とバントで走者を送れなかった前打者の無念を帳消しにする殊勲打となった。さらに続く古沢主将が「打った瞬間、行ったと思う打感はありました」とダメ押し2ラン。中西あかね監督は「負けたら終わりだったので、ホッとしました」と評価した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース