陸上高校生女王・御家瀬 来春住友電工入りへ会見「まず日本記録を」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

住友電工入りが決まった御家瀬(左)は阿部顧問と握手
Photo By スポニチ

 6月の陸上日本選手権女子100メートルで29年ぶりの高校生女王となり、来春からの住友電工入りが決まった北海道・恵庭北高の御家瀬(みかせ)緑(18)が同校で会見。「自分らしく恐れないで陸上に集中したい」と意気込んだ。

 御家瀬の兄と住友電工に所属する男子短距離・小池祐貴(24)が旧知の仲で進路の話がまとまった。御家瀬は「まず福島千里選手の日本記録(11秒21)を超えられるように頑張りたい。これからが勝負」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース