鈴木愛 通算12アンダーで首位に並ぶ 申ジエは11位に後退

[ 2019年11月17日 13:00 ]

女子ゴルフ 伊藤園レディース最終日 ( 2019年11月17日    千葉県長生郡長南町 グレートアイランド倶楽部(6741ヤード、パー72) )

鈴木愛
Photo By スポニチ

 2年ぶり2度目の賞金女王を目指す鈴木愛が11番でバーディーを奪い通算12アンダーまで伸ばして首位に並んだ。

 スタートの1番で1メートルを沈めバーディー発進。3番で1・5メートルの惜しいチャンスを外したが、その後は5、6番で1パットのパーとピンチをしのぐ。そして7番で3メートルを沈め通算10アンダーまで伸ばすと、11番でもバーディーを決めた。

 岡山絵里が17番を終え通算12アンダーでトップタイ。ペ・ソンウが13番、大山志保が12番を終えそれぞれトップに並んでいる。
 通算10アンダーの首位で出た、賞金ランクトップの申ジエは2番でボギー。5番でバーディーを決めたものの、8番で再びボギーを叩き10番を終え通算9アンダーで11位に後退している。

 鈴木と申ジエの今季の獲得賞金額の差は約725万円。鈴木が今大会で優勝すれば文句なし、2位(単独)でも申ジエが15位(単独)以下なら首位の座を奪う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月17日のニュース