競泳・萩野 東京都オープン本命400メートル個人メで瀬戸と激突

[ 2019年11月17日 05:30 ]

競泳の萩野
Photo By スポニチ

 競泳の東京都オープン(21~24日、辰巳国際水泳場)で、萩野公介(25=ブリヂストン)が本命種目の400メートル個人メドレーに出場する。萩野の師事する平井伯昌コーチ(56)が16日にスペイン合宿から帰国。羽田空港で取材に応じ「東京都オープンは予定通り4個メに出ます」と明言した。萩野はモチベーション低下を理由に一時競技を離れ、8月のW杯東京大会で半年ぶりにレースに出場。復帰後は200メートルの個人メドレーや背泳ぎを中心に泳ぎ、400メートル個人メドレーには出場していない。

 東京都オープンには瀬戸大也(25=ANA)もエントリーしており、既に五輪出場が内定している200メートルと400メートル個人メドレーに出場予定。直接対決が実現すれば、1月の浜名湾長水路選手権以来となる。平井コーチは「(萩野は)練習ができていないから、(瀬戸)大也にかなうわけがない。良いタイムは出ないと思います。ポテンシャルにかけるしかない部分もある」との見通しを示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月17日のニュース