佐田の海、炎鵬引き付け撃破「自分から仕掛けていくことを考えていた」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

大相撲九州場所7日目 ( 2019年11月16日    福岡国際センター )

炎鵬(左)を寄り切りで破る佐田の海(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 熊本県出身のご当地力士、佐田の海は炎鵬との2敗対決を制した。相手が得意とする左下手を許したが、右上手を引きつけて投げを封じ寄り切った。

 「上手は浅いところを引けたので引きつけられた。自分から仕掛けていくことを考えていた」と攻めの姿勢が5勝目につながった。「負けている相撲も一方的ではない。体が動いている」。師匠の境川親方(元小結・両国)が担当部長を務める場所で輝きを放っている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース