宮原 冒頭からミス…悔しSP6位「どうしようという気持ちが緊張になった」

[ 2019年11月17日 05:30 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第5戦ロシア杯第2日 ( 2019年11月16日    モスクワ )

女子SPで演技する宮原(AP)
Photo By AP

 男子フリーで宇野昌磨(21=トヨタ自動車)は164・95点、合計252・24点で4位だった。GPシリーズ2戦合計ポイントで上位6人に入れないことが確定し、シニア転向後4年連続で出ていたGPファイナルを初めて逃した。アレクサンドル・サマリン(ロシア)が264・45点で優勝した。15日の女子ショートプログラム(SP)は宮原知子(21=関大)が63・09点で6位と出遅れた。

 演技を最終確認する直前の6分間練習で抱えた不安が、そのままSP冒頭のミスにつながった。宮原は「どうしようという気持ちが緊張になった。今はそれにどう付き合うかが課題」と悔しさをにじませた。予定したルッツ―トーループの連続3回転は、単発の2回転ルッツに。必須要素を満たせず、手痛い0点扱いとなった。今季は7歳から師事した浜田コーチに頼らず、試合への同行を断った。「自分の足りないところを見つめ直したい」というシーズンは始まったばかりだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース