鈴木愛「プレーオフになったら絶対にやられると思った」史上2人目の3週連続Vで賞金ランク1位に

[ 2019年11月17日 15:28 ]

女子ゴルフ 伊藤園レディース最終日 ( 2019年11月17日    グレートアイランド倶楽部=6741ヤード、パー72 )

<伊藤園レディース最終日>3週連続優勝の鈴木愛はカップを抱えて笑顔(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 鈴木愛が07年の全美貞に並ぶ史上2人目の3週連続優勝を飾り、今季7勝目を挙げた。この日67の通算17アンダーで、通算16勝目をマーク。優勝賞金1800万円を獲得し、今季の獲得賞金額を1億4422万5665円とし、前週まで賞金ランク首位の申ジエを抜いてついにトップに立った。

 1打差の3位で出た鈴木は17番までに4バーディーを奪い、先に通算13アンダーの首位でホールアウトしていた大山志保に並んで、18番グリーンに上がってきた。

 「(スコアの)ボードを見ていなかったので(どういう状況か)分かりませんでした。大山さんと優勝争いできるとは思っていなかった。プレーオフになったら絶対に大山さんにやられると思っていたので、入れようと思いました」とピン左2メートルにつけたバーディーパットを決めて、一時は4人が首位に並ぶ大混戦を制した。

 ホールアウト後のインタビューでは「とりあえず良かったです。ちょっとだけメンタルが強くなりました」と笑顔で話した
 前週の米ツアー競技のTOTOジャパンクラシックで優勝し、18日までに米ツアーのメンバー登録を行えば来季の出場資格を得られる。

 「いろいろな方の話を聞いて(どうするか)考えているところです。今は(米ツアーに行くか否か)半分半分です」と話した
 今季は来週の大王製紙エリエールレディースと最終戦のLPGAツアー選手権リコー杯の2試合を残すだけとなった。

 「残り2試合ですが、最後まで諦めないで頑張りたいです」
 2年ぶり2度目の賞金女王奪還へ、本命候補が主役に躍り出た。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月17日のニュース