萩野 200個メで代表候補入り基準タイム突破!「頑張りました」

[ 2019年11月10日 10:46 ]

萩野(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 競泳の日本社会人選手権の最終日が10日、静岡富士水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレー予選で萩野公介(25=ブリジストン)が1分58秒73の記録を出し、代表候補入りの基準タイムとなる1分59秒23を上回った。

 今大会が基準タイム切りに挑戦できる年内最後の大会。この種目で突破できなければ、東京五輪の代表選考会となる来年4月の日本選手権まで代表候補に入れない状況だった。土壇場でクリアし「頑張りました。決勝も頑張ります」と笑顔。基準タイム突破により、代表合宿への参加が可能となり、国立スポーツ科学センターなどの施設を利用できる権利も得た。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月10日のニュース