渋野、ショットに不満「練習で違和感を取りたい」 後半の強さは「まあ、日替わりかな」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック第2日 ( 2019年11月9日    滋賀県大津市 瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

4番、ニコラ・ラーセン(中央)とリュウ・ユー(右)とラウンドする渋野(撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 【渋野に聞く】

 ――第2日を終えて。
 「今日はパッティングが良くなった分、ショットがあれだったので。これから練習して、違和感を取りたいと思います」

 ――上位選手のスコアは見ていた?
 「結構見てました。どれくらい差があるんかな~と思いながら。まあ、見る余裕があるんだったら自分が伸ばしていけばいいのにね」

 ――後半に強いタイプだと思うが、ここ数ラウンドは伸ばせていない?
 「今までが後半が強いってわけでもなかったので、まあ、日替わりかなって思います(笑い)」

 ――滋賀入りしてから近江牛を食べた?
 「肉寿司があったんですけど、私は普通に焼いた方がいいなと思って食べてないんです。失礼しました。そのときデザート4つは食べました。あはは」

 ――いのししの方が好き?
 「いのししはやっぱり、すき焼きにした方がおいしい。(岡山の実家の)近所に出るんですけど。あ、(食べるのは)それじゃないですよ!もらいものをです」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月10日のニュース