TOTOジャパンC 元祖天才少女 プレッセル猛追 バーディーラッシュで急浮上

[ 2019年11月10日 10:35 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラッシック最終日 ( 2019年11月10日    滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

プレッセル
Photo By スポニチ

 9打差の18位から出たモーガン・プレッセルが圧巻のチャージを見せた。1番から5番まで怒濤(どとう)のバーディーラッシュ。6番はパーだったが、7番、8番でもバーディーを決め、連続バーディーで通算10アンダーまで伸ばし、3打差の2位とした。

 2017年のクラフトナビスコ選手権(現ANAインスピレーション)を史上最年少の18歳10カ月で制し、一躍注目を集めた元祖天才少女。しかし、その後は伸び悩み、08年のカパルアLPGA以来、ツアー優勝からは遠ざかっている。今季はヒューゲルプレミアLAオープンの3位が最高で、現在の賞金ランクは34位。11年ぶりの栄冠を目指し、首位の背中を追いかけている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース