“逃げ切り”の鈴木愛 最終日首位なら勝率8割! 初日から首位の“完全優勝”は5回

[ 2019年11月10日 05:30 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック第2日 ( 2019年11月9日    滋賀県大津市 瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

18番、バーディーを決めた鈴木(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 鈴木愛の国内ツアー全14勝のうち、最終日首位発進から逃げ切ったのは10試合ある。初日から一度もトップを譲らない完全優勝は5回(うち1回は初日が中止で2日間開催)。今年も前週の樋口久子・三菱電機レディースは3日間完全優勝だった。

 「逃げ切り」が多い鈴木は、ここ2年の勝率も抜群に高い。18年以降、最終日首位で迎えた試合は、前週の樋口久子・三菱電機レディースまで 8試合。うち、18年ダイキン・オーキッド・レディース(1→3位)と今年のパナソニック・オープン(1→10位)の2度は失速したが、そのまま逃げ切ったのは6回。勝率8割に近い強さを誇る。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース