美誠「ここで曲をかけてくるかと」 リトグリ新曲の“援護射撃”に感謝

[ 2019年11月10日 22:42 ]

卓球JA全農W杯団体戦最終日 ( 2019年11月10日    東京体育館 )

<卓球JA全農W杯団体戦・女子決勝(日本・中国)>第2試合、得点を決めガッツポーズを見せる伊藤(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子の決勝が行われ、日本は中国に0―3のストレートで敗れ、2大会連続の銀メダルとなった。

 第2試合のシングルスに出場した伊藤美誠(19=スターツ)は同年代のライバル孫穎莎(19)に2―3で競り負けた。10―7のマッチポイントまで追い詰めながらも無念の逆転負け。伊藤は「自分の中で悪くなかった。決め急がずに、落ち着いて決められたら勝てた」と悔しさをにじませた。

 東京五輪のテスト大会を兼ねた今大会。決勝では大勢の日本ファンで会場が埋め尽くされた。伊藤は「集中していて声自体はあまり聞こえなかったが、“ニッポン・チャチャチャ”は聞こえました」と感謝を口にした。一方で、「落ち着きたいけど、声援で自分の気持ちが早まる。まだ慣れていなかった」とホームの難しさも痛感していた。

 そんな伊藤にBGMでも援護射撃があった。親交のある「Little Glee Monster」の新曲「ECHO」が試合中に流れた。「ここで曲をかけてくるかと。新曲で大好きな曲。アドバイスに半分、歌に半分でした。欲を言えば2―0になったところで流して欲しかったです」と苦笑いした。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース