TOTOジャパンC 渋野、通算7アンダーでホールアウト “しぶこスマイル”で締めくる

[ 2019年11月10日 14:22 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラッシック最終日 ( 2019年11月10日    滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

<TOTOクラシック最終日>1番、応援のタオルを背に入場する渋野日向子(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 女子ゴルフ唯一の日米両ツアー公認競技「TOTOジャパンクラシック」(賞金総額150万ドル=約1億6500万円、優勝賞金22万5000ドル=約2475万円)は10日、滋賀県大津市の瀬田ゴルフコース北コース(6659ヤード、パー72)で最終の第3ラウンドを行っている。

 首位に6打差の通算6アンダー、7位グループで最終日を迎えた世界ランク13位・渋野日向子(20=RSK山陽放送)は紺色のパンツにボーダーのモックネックシャツで登場し、世界ランク101位ヤン・ジン(23=中国)、世界ランク67位ジェニファー・クプチョ(22=米国)と同組でスタート。5バーディー、4ボギーの71で回り、ホールアウト時点では通算7アンダーの13位だった。首位は鈴木愛(25=セールスフォース)。16番までに3連続を含む4バーディーを奪い、2位とは4打差の通算16アンダーまでスコアを伸ばしている。

 【1番パー5(495ヤード)】第1打は左のファーストカット。第2打はグリーン右のガードバンカーにつかまったが、第3打を1・5メートルに寄せて幸先のいいバーディースタートを切った。

 【2番パー4(411ヤード)】の第1打は右ラフ。第2打はグリーン左奥のバンカーに落としたが、第3打を1メートルに寄せてパーをセーブ。第1、2ラウンドともにパーオンできず、第1ラウンドではボギーを叩いた難ホールを切り抜けた。 

 【3番パー4(389ヤード)】第1打がこの日初めてフェアウエーを捉える。第2打をピン左6メートルに運んだが、バーディーパットは80センチショートしてパー。

 【4番パー4(400ヤード)】フェアウエーからの第2打はグリーン奥のエッジに。ウェッジでのアプローチを80センチに寄せたが、パーパットがカップに蹴られてこの日最初のボギー。首位を走る鈴木愛は2番でバーディーを奪って通算13アンダーに。この時点で首位との差は7打に開き、順位は10位に後退。

 【5番パー3(147ヤード)】ピン左手前8メートルからのバーディーパットはわずかにカップの右にそれてパー。ギャラリーから大きなため息が漏れる。

 【6番パー5(500ヤード)】第1打でフェアウエーをキープし、第2打は花道。約20ヤードの第3打を30センチにピタリと寄せてこの日、2個目のバーディー。通算7アンダーにスコアを戻し、再び首位とは6打差。順位も7位に浮上。7番に向かうインターバルでは「渋野日向子」の名前入りタオルを持った小さな女の子に「来てたの」と“しぶこスマイル”のプレゼント。

 【7番パー4(409ヤード)】フェアウエーからの第2打をグリーン右手前に外したが、第3打を30センチに寄せてパーをセーブ。

 【8番パー4(393ヤード)】左ラフからの第2打がグリーン右手前に外れる。第3打はカップまで2メートルと寄せきれず、パーパットも左にそれてこの日2個目のボギー。首位を走る鈴木愛は6番終了時点で通算15アンダーまでスコアを伸ばし、この時点で首位とは9打差。順位も13位に後退。

 【9番パー3(185ヤード)】第1打はグリーンに届かず。手前からの第2打を80センチに寄せてパーをセーブ。

 【10番パー4(381ヤード)】フェアウエー左サイドからの第2打はピン左8メートルへ。ファーストパットが1・5メートルオーバーし、この日、初めての3パットで3個目のボギー。通算5アンダーにスコアを落とし、順位も16位に後退。首位は7番までに3連続を含む4バーディーを奪った鈴木愛で通算16アンダー。

 【11番パー4(399ヤード)】第1打でフェアウエーをキープ。第2打はピン手前6メートルへ。バーディーパットは30センチ届かず、パー。

 【12番パー3(177ヤード)】第1打はピン右4メートル。バーディーパットはカップの左に外れてパー。

 【13番パー4(392ヤード)】フェアウエーからの第2打はピン左手前10メートルへ。バーディーパットはカップに1メートル届かず、パー。

 【14番パー4(367ヤード)】フェアウエーからの第2打はグリーン左に外れたが、約15ヤードの第3打をランニングアプローチでカップに放り込む。この日、3個目のバーディーを奪ってスコアは再び通算6アンダーに。順位は15位。

 【15番パー4(406ヤード)】難易度1位のホール。第1打はフェアウエー。第2打で右にプッシュするミスを犯し、ボールはグリーン右バンカーの土手に突き刺さる。バンカー内で目玉となった第3打は出すだけ。ラフからの第4打を1メートルに寄せて何とかボギーで収める。

 【16番パー3(192ヤード)】第1打はピン左奥5メートルへ。バーディーパットはカップの左を抜けてパー。

 【17番パー5(476ヤード)】第1打はフェアウエー。第2打はピン左6メートルへ。イーグルパットは大きく右に外れたが、返しの1メートルを沈めてこの日、4個目のバーディー。通算6アンダーとし、順位は14位。

 【18番パー5(540ヤード)】第1打でフェアウエーをキープし、第2打は左のファーストカット。第3打をピン奥5メートルに運び、これを沈めて連続バーディー。“しぶこスマイル”で締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース