刑事、後半ミス重なり悔しい5位 最終的にSPの失敗が響く

[ 2019年11月10日 05:30 ]

フィギュアスケート グランプリ(GP)シリーズ第4戦 中国杯最終日 ( 2019年11月9日    重慶 )

フリーで後半ミスが重なり、思うように得点を伸ばせず5位となった田中刑事
Photo By 共同

 田中は悔しさを押し殺した。冒頭の4回転サルコー―2回転トーループを完璧に決めるなど滑り出しは順調だったが、後半のジャンプでミスが重なった。SP7位から順位を2つ上げたが、GPファイナルへとつながる表彰台は遠かった。

 3位だったスケートカナダも含めSPの失敗が響いており、「SPから勢いがあればフリーも気持ちよくできたが、切り替えて滑るという2戦だった」と淡々と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース