パラ射撃 東京パラ出場内定の水田が初優勝「目標を達成できてよかった」

[ 2019年11月10日 05:30 ]

パラ射撃 全日本選手権第1日 ( 2019年11月9日    千葉県総合スポーツセンター射撃場 )

パラ射撃の全日本選手権の男女混合エアライフル伏射で優勝した水田光夏
Photo By 共同

 肢体不自由の選手が対象で、10月の世界選手権で条件を満たし東京パラリンピック出場が内定した男女混合エアライフル伏射(SH2)の水田光夏(みか、22=桜美林大)が出場し、自身初優勝を飾った。「優勝するつもりで来たから目標を達成できてよかった。このまま練習して東京パラも頑張りたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月10日のニュース